世界各国の科学的知識人が選んだ、危ないものトップ10

脱毛症が起きているのは、カラダの免疫バランスが調和していないからです。

下記のリストは世界各国の科学的知識人が選んだ危ないものトップ10です。

全てを避けられる訳ではありませんが、避けられる範囲で留意していくことをおすすめします。

 

  1位 微生物 (病気)

  2位 栄養失調

  3位 環境汚染物質 光化学オキシダント、微小粒子状物質[ P M 2 . 5 ]など

  4位 天産物の毒 (鉱物・木材・海産物など、自然から産出される物)

  5位 残留農薬

  6位 食品添加物(添加物が未使用、極小で、辻が測定器で良質と判断した食品はこちらです

  7位 医薬品

  8位 潜在的危険物

  9位 化粧品(添加物や保存料の多いもの)

10位 不慮の事故

私たちが意識して気を付けられること

スーパーに並んでいる食品の多くは輸入されたものです。

日本とは異なった基準で農薬や添加物などが使われている可能性があります。

食品添加物、遺伝子組み換え食品、残留農薬、中国産食品、環境ホルモン、放射線物質など、

気にすれば気にするほど、心配になる世の中です。

ダイオキシンもPM2.5も風に乗り海を越えて他国から飛んできます。

 

便利になった分だけ、私たちの身の回りには化学物質が溢れかえっています。

しかし、すべて恐れていたのでは生きていくことも、ままなりませんから

・残留農薬

・食品添加物

・医薬品

・化粧品

などは、ボーダーラインを決め、可能な限り取り入れないようにし、

その他、気を付けても体内に入ってきてしまう有害物質は外にだせば良いと考えた方が精神衛生上、健康と言えます。