大半の人が、右側の髪を薄いと感じる理由は、つむじの向き

髪を触り(髪が薄い個所を探す)続けるのは、なるべく控えていただきたい行為ですが、髪の毛コンプレックスを持つ人の多くが、あらゆる角度から鏡を見たり、両手で髪をかき上げて、左右の毛量を比べるようとします。日々、不安感を解消しようとして、不安感を増幅させてしまう。そんな経験は私にもありました。

 日本人のつむじは右巻きが多く、時計回りに毛が流れています。統計で言うと右巻きは7割ですが、私の経験で言えば、8割近くの人が右巻きです。

 右側の髪を薄く感じるのは、つむじが時計回りだからです。

髪を両手でかき上げれば、当然、顔側から手櫛を入れますよね?右側の髪は若干後ろに向かって流れて生えており、左の髪は、前に向かって流れています。

 流れるプールをイメージすれば、想像に難しくないと思いますが、右側は抵抗なく手櫛が流れていき、左側は抵抗があるため、右の方が脱毛しているように感じるようになるのです。

 

例外はありますが、あまり気にしないで

その他、

・つむじが左巻き

・つむじが複数ある

・かみ合わせ

・左右の視力や視神経により血流が悪い

など、左右の毛量がちがうと感じる場合はありますが、そんな不安感に付け込む人達もいます。

心を健全に保つためには、正しい情報が必要です。

 

髪を触り過ぎないこと

過度なコンプレックスはストレスになり、負のスパイラルとなり、また新しい不安をつくってしまいます。

この文章を読まれた方が、少しでも安心できますように。

これらの記事は、これからも更新いたしますね。