食品添加物でなるべく避けるもの7選

食品を購入する際は、裏表示を確認し、どんな添加物が使用されているかを確認し、下記添加物が入っていない物をなるべく選びます。気にし過ぎも心に毒ですが、気にしなさすぎはカラダに毒です。

1、安息香酸ナトリウム

2、合成甘味料(アスパルテーム、アセスルファムK)

3、タール色素(合成着色料)

4、亜硫酸塩(ナトリウム)

5、ソルビン酸、ソルビン酸K(カリウム)

6、防カビ剤輸入柑橘系果物などに使用される防カビ剤

7、マーガリン、ショートニング (トランス脂肪酸)

 

特に控える食品(あくまでも傾向です)


栄養ドリンク・エナジードリンク

 カフェインやタウリン、糖分、生薬、ビタミンでシャキっとするイメージが強いですが添加物の排泄にエネルギーが消耗します。

 

安心な代替品

 ジザニア 太陽と水の恵みエキス32 

 プーラ高濃度ミネラルドリンク


 

スポーツドリンク・カロリーゼロの甘い飲み物

 精製された糖分や塩分は吸収が悪く、添加物だらけのスポーツドリンクが多いです。

 

安心な代替品

 大塚製薬 オーエスワン

 プーラ高濃度ミネラルドリンク

 


ソーセージ・生ハム・サラミ・ベーコン

 これらは加工食品が主流で、自然食品専門の店舗以外で無添加を手に入れる事は難しいです。

 私が試した無添加系は、一般的なソーセージなどとは味が全く異なり美味しくはありませんでした。

 味に支障がなく安全な商品を通販で試していますので、ご紹介まで少々おまちください。

 それまでは、摂取量を控えることで調整してください。

 

安心な代替品 

 おいしいのは見つかっていません。ご紹介まで少々おまちください。